【石垣島・八重山諸島】人気のお土産

石垣島・八重山諸島で定番の喜ばれるお土産といえば、パイナップルにマンゴー・パパイヤなど、太陽の恵みをたっぷり受けた、甘くて果汁たっぷりの南国フルーツ。しかし旬を過ぎるとあまり見かけなくなってしまいます。そこで空港・港の近くで1年を通して買える、石垣の人気土産を紹介します。

写真

ユーグレナモール(旧あやぱにモール)

石垣島でお土産を買うのに便利な、通称「ユーグレナモール(旧あやぱにモール)」。港から徒歩2分にあるショッピングアーケードで、日本最南端にある商店街でもあります。パインにマンゴー、ドラゴンフルーツ、パッションフルーツなどなど八重山の美味しいフルーツや新鮮な魚、様々な食材からお土産物まで100店舗以上が軒を連ねています。食料品やおみやげ以外にも、軽食向きのカフェや安価に宿泊できるゲストハウスなどもあります。

■石垣島のまーす(塩)

塩の生産地として全国的に有名な石垣島。サンゴの海と、豊饒な自然の恵みの中で作られた石垣島の塩は、ミネラルがたっぷりで甘味もあり、とってもやさしく上品な味わいです。ユーグレナモール(旧あやぱにモール)そばにある、日本で初めてオープンした塩専門店「塩屋(まーすや)」では、石垣島の塩をはじめとして沖縄の塩がずらり勢ぞろい。テイストもできるので、ゆっくりと好みの塩を選ぶことができてオススメです。

■塩屋(まーすや)
住所:石垣市大川270-2
営業時間:9:00~21:00(冬季9:00~20:00)

■かまぼこ

八重山のかまぼこは、全国蒲鉾品評会で水産庁長官賞をとったこともある隠れた名物。半円型のかまぼこではなく、魚のすり身を油で揚げる揚げかまぼこです。ひじきやアーサー(アオサ)など様々な食材を練り込んだものがあり、ビールのおつまみにピッタリです。ユーグレナモールやスーパーなど、色々なお店で売られているので急ぎのお土産として買うにも便利です。有名なのは、金城かまぼことマーミヤかまぼこ。喜ばれること間違いなしのお土産です。

■金城かまぼこ
空港の売店でも売っています。
住所:石垣市新栄町73-9
営業時間:6:30~18:30

■川平のしずく

「川平のしずく」は石垣島の代表的な景勝地、川平湾の美しいエメラルドグリーンに輝く海を再現した人気のアクセサリーです。川平湾の海土と石垣島の山の赤土、そして琉球ガラスを使ってひとつひとつ手作りで作られています。公設市場にある「NAtivE Art(ネイティブアート)」とその姉妹店「琉球まぶやー」のみで販売しています。

■NAtivE Art(ネイティブアート)
いしがきいちば(ユーグレナモール)内公設市場より徒歩1分
住所:石垣市大川207-1
営業時間:9:00~21:00(不定休)

■黒糖

低カロリーでビタミン、ミネラル、カルシウムが豊富な黒糖は、沖縄土産の定番アイテム。生産地ごとに種類の多い黒糖ですが、石垣土産を選ぶなら八重山の島で造られた黒糖が揃った、ユーグレナモール(旧あやぱにモール)内の黒糖専門店「黒糖や」さんがオススメです。

■黒糖や
住所:石垣市大川205-5
営業時間:9:00~20:00

■石垣島ラー油

「食べるラー油」ブームの先駆けとなった辺銀食堂(ぺんぎん食堂)の石垣島ラー油は、石垣島の人気定番お土産。島唐辛子にピパーチ、ウコンなど島で取れる香辛料(一部島のものではないものも使用しています)で作られた手作りラー油は、万能調味料としてまたたく間に大人気になりました。すぐに売り切れてしまうので購入出来たらラッキー!

■辺銀食堂
住所:沖縄県石垣市大川199-1
営業時間:9:00~売り切れまで
定休日:日曜(+不定休)

■ちんすこう

沖縄土産の定番中の定番、ちんすこうは琉球王朝時代から作られている伝統的な菓子。石垣島のお土産としてオススメなのが、地元で愛される老舗ケーキ屋さん「メームイ」の、マンタの形をした「マンタちん」(6袋入り630円、12袋入り1051円)。石垣島は「マンタに出会える島」として世界的に有名なダイビングポイントであり、それにちなんだ可愛いオリジナルちんすこうです。

■メームイ
住所:石垣市大川219
営業時間:9:00~20:30(年中無休)

■ミンサー織り(八重山ミンサー)

沖縄の伝統的な織物。 八重山のミンサーの特徴である五つの■と四つの■の絣柄には、「いつ(五つ)の世(四つ)までも末永く」という想いが込められています。衣料以外にも、バックや財布、コースターなどお土産にピッタリな小物が多数あります。

■みんさー工芸館
石垣空港より車で約5分、離島ターミナルより車で約10分。
住所:沖縄県石垣市登野城909
営業時間:9:00~18:00(年中無休)

■塩スイーツ

ミネラルたっぷりな石垣島の塩を使ったスイーツ。元祖石垣の塩ちんすこう、微妙な塩味が絶品の塩ロールケーキ(ロール840円、カット232円)が人気です。石垣港の目の前、地元産100%にこだわった「お菓子のマルシェは」川平ファームのパッションフルーツや波照間島の黒糖など、八重山の素材を活かしたお菓子作りで地元から全国までファンの多いお店です。

■お菓子のマルシェ
住所:沖縄県石垣市美崎町4
営業時間:10:00~21:00

■赤のティラミス

石垣市がプロデュースする「TsunDAMI(つんだみ)ブランド」のスイーツです。太陽をいっぱい浴びて、果汁たっぷりの石垣産パパイヤを使った、驚くほど鮮やかな朱色をした赤ティラミスは女性のお土産にぴったり。1日限定250セットで、旧石垣空港と石垣港離島ターミナルで限定販売されていました。新石垣空港での取り扱いが待たれます。

■泡盛(シマー)

お酒好きに喜ばれる泡盛のミニボトル。八重山諸島にも多くの酒造所がありますが、基本的には島内で消費できるだけの量しか生産しないため、同じ八重山でも波照間島と石垣島では値段が違っていたりします。沖縄本島では更に高くなり、本州などではほぼ入手困難。観光で島巡りをするなら、それぞれの島の思い出のお土産としてぜひお買い求めください。

▼ 素材提供
一般財団法人 沖縄観光コンベンションビューロー様 http://www.ocvb.or.jp/

石垣島レンタカー
TOPへ戻る