沖楽利用者の口コミ

沖楽利用者(宮古島)の口コミ

口コミ総数 :423 件
平均評価: (3.7)

当サイトではレンタカーを比較・予約し、 実際にご利用されたお客様からの口コミ評価を掲載しています。 25社の口コミ評価を見る

宮古島ってどんなところ?

沖縄本島の南西約300km、大小8つの隆起サンゴ礁の島々からなる宮古諸島。
亜熱帯海洋性気候に属し、年間平均気温が23.3度と冬場でも温暖な南国リゾートエリアです。
至る所にCM等でおなじみの美しい景観が広がり、爽快感溢れるドライブを楽しむことができます。
沖楽レンタカー予約では、下記の会社様から宮古島のレンタカーを比較・予約が可能です。

クライアントロゴ
車両タイプを指定して探す
車両タイプを指定してレンタカーを探す場合はこちらから検索!
  • 軽自動車
  • 乗用車(小)
  • 乗用車(中・大)
  • ミニバン
  • ワゴン
  • エコカー

宮古空港レンタカー送迎バス乗り場・案内地図

宮古空港レンタカー送迎バスの利用手順

① 宮古空港の1階到着ロビーに向かいます。
② 各レンタカー会社スタッフがプラカードを持ってお客様をお待ちしていますので、予約者の名前を伝えます。
③ スタッフから案内を受けた後、送迎バスに乗り予約したレンタカー営業所へお送りいたします。


宮古島のレンタカー営業所一覧

宮古島エリアでレンタカーを予約する時のポイント

宮古空港ターミナルビル

旅の始まり、宮古空港

沖縄らしい赤瓦の美しい屋根が特徴的な宮古空港のターミナルビル。
日本トランスオーシャン航空(JTA)琉球エアーコミューター(RAC)全日空(ANA)スカイマーク(SKY)各社が運航しています。
2階フロアーは出発ロビー、お土産屋さん、レストランやファストフードのA&Wもあり大変便利で、一般ロビーではフリースポットによるWifi接続も可能です。

空港への無料送迎

空港への無料送迎

各レンタカー会社では、宮古空港と最寄営業所の間を無料送迎車で送迎しています。
到着ロビーで各レンタカー会社のスタッフが待機しています。
誘導に従い送迎車でレンタカーを受け取りに行きましょう。

送迎車待ち合わせ場所

送迎車待ち合わせ場所

宮古空港到着ロビー付近、または到着ロビーの出口付近で
各レンタカー会社の係員がプラカードを持って待機しています。
詳しくはご利用される各レンタカー会社までご確認願います。

宮古島でレンタカーを利用する際の注意点

宮古島でレンタカーを利用する際の注意点

毎年観光シーズンは、島内のレンタカーが不足気味になります。
当日になって慌てないようにご旅行の計画に合わせ、余裕を持ったのご予約をオススメします。
チャイルドシートの数にも限りがあるので、ご予約の際には各レンタカー会社までご確認をお願いします。
また、島のガソリンスタンドは営業時間が短かったり、日曜日が休業の所が多いので、各レンタカーショップのスタッフから事前にガソリンスタンドの情報を聞いておくと安心です。

宮古島

宮古島は、東京から約1,830km、那覇から約300kmの位置にあり、1周約80km、車で1時間半から2時間程かかります。
宮古諸島は、大小8つの島(宮古島、伊良部島、下地島、池間島、来間島、大神島、多良間島、水納島)で構成され、人口は約5万5千人。
沖縄県のなかでも海の透明度は抜群に高く、特に島の北部にある八重干瀬(やびじ)は日本最大級のサンゴ礁群でダイビングやシュノーケリングなどのマリンアクティビティが人気のスポットになっています。
2015年1月に開通した「伊良部大橋(いらぶおおはし)」は、無料で渡れる橋としては日本一長く全長3,540m。
テレビCMにも登場するなど、雄大な景色を楽しめる人気のドライブコースとなっています。その他にも、宮古島と池間島を結ぶ全長1,425mの「池間大橋(いけまおおはし)」や宮古島と来間島を結ぶ全長1,690mの「来間大橋(くりまおおはし)」、沖縄県内でも有数な景勝地で国の史跡名勝天然記念物にも指定された「東平安名崎(ひがしへんなざき)」など、宮古島とその周辺の島には、レンタカーを借りて絶景を堪能できる景勝地や観光スポットが数多く点在しています。

■宮古島の気候
年間平均気温 23.6℃ / 最暖月平均気温 28.7℃(7月) / 最寒月平均気温 18.0℃(1月)

宮古島旅行ではずせない絶景おすすめドライブコース

宮古島には、周辺離島を結ぶ3つの大橋をはじめ、レンタカーでドライブするだけでも十分楽しめるポイントや宮古島ならではの絶景ポイントが島のあちこちに点在します。
宮古島旅行ではずせない代表的なドライブスポットをピックアップしてご紹介します。
伊良部大橋(いらぶおおはし)

伊良部大橋(いらぶおおはし)

宮古島と伊良部島を結ぶ橋として2015年1月に供用開始。日中は、宮古ブルーと呼ばれるエメラルドグリーンとコバルトブルーの海を横目に海の上を走っているような爽快感が味わえ、夕暮れ時にはサンセットのオレンジ色の光に照らされる空と海を堪能でき、日が沈むと橋の上は街灯照明がないため、満天の星空を眺めながらのドライブとなります。時間帯を問わずに楽しめるドライブコースです。
伊良部大橋が開通したことで、宮古島に滞在しながらレンタカーで気軽に渡口の浜や佐和田の浜など伊良部島の美しい海岸にも足を運べ、日によっては下地島空港でのタッチアンドゴー(離発着)の飛行訓練を見学できるなど、宮古島観光でははずすことができないドライブコースのひとつとなっています。

与那覇前浜ビーチ(よなはまえはまびーち)

与那覇前浜ビーチ(よなはまえはまびーち)

宮古島では「前浜(まいぱま、まいばま)ビーチ」とも呼ばれ、7kmも続く真っ白な砂浜は"東洋一"とも称され、エメラルドグリーンの海と真っ白な砂浜のコントラストが美しい、宮古島を訪れたら必ず一度は見ておきたい絶景ビーチです。
世界最大の旅行口コミサイトが、旅行者の投稿をもとに選出する日本国内のベストビーチ部門で何度も1位に選ばれています。
島の西側に位置するため、日中はもちろん、夕日スポットとしてもおすすめの場所です。

東平安名崎(ひがしへんなざき)

東平安名崎(ひがしへんなざき)

宮古島の最東端に位置し、日本の都市公園100選にも選ばれている国指定の名勝です。
全長約2kmにわたって細長くのびる岬には南国特有の植物が群生し、特に2月頃から咲き始めるテッポウユリが4月~5月頃にピークをむかえると、岬一帯に咲き乱れる真っ白なユリと空と海のブルーのコントラストが圧巻の光景を織りなします。
岬の先にある平安名埼灯台は登って上がることができる珍しい灯台で、約100段の階段を上がると目の前には大パノラマが広がります。
日の出スポットとしても有名で、元日には初日の出を見るために多くの観光客が訪れます。

池間大橋(いけまおおはし)

池間大橋(いけまおおはし)

宮古島と北に位置する池間島を結ぶ橋として、1992年2月に開通。宮古空港からはレンタカーで約35分。
宮古島にある大きな3つの橋の中で一番初めに開通した橋で、神の島と呼ばれる大神島や西平安名岬を眺めることができます。
池間島は、日本最大級のサンゴ礁群である八重干瀬(やびじ)への玄関口となっていて、多くの八重干瀬ツアー(ダイビングやシュノーケリング、グラスボートなど)が開催されています。
宮古島の北部観光の際には、ぜひ訪れたいドライブコースのひとつです。

イムギャーマリンガーデン

イムギャーマリンガーデン 

宮古島南部に位置する海浜公園で、宮古島では「インギャー」とも呼ばれているイムギャーマリンガーデン。"インギャー"とは「囲まれた湧き水」という意味で、入江を泳いでいるとあちらこちらで湧き出ている地下水が確認できます。
天然の入江に囲まれた内海は、まるでプールのように波が穏やかで、"海辺の箱庭"とも呼ばれています。浜から少し泳げば、"クマノミ団地"と呼ばれるほど多くのクマノミが生息しているのも特徴で、子供連れでも飽きずに安心して楽しめるシュノーケリングポイントになっています。
また、入江の周りの岩山は遊歩道や橋が整備され、丘の上には展望台もあり、散策コースとしてもおすすめです。

来間大橋(くりまおおはし)

来間大橋(くりまおおはし)  

宮古島と来間島を結ぶ橋として、1995年3月に開通。宮古空港からはレンタカーで約20分。
東洋一と呼ばれる与那覇前浜ビーチを眺望できる橋で、来間島にある竜宮城展望台までは定番のドライブコースとなっています。
ただし、橋の上での駐停車は禁止されているので、橋のたもとで停車して、ゆったりと来間大橋からの景観を楽しみましょう。
来間島にはおしゃれなカフェが複数あり、島へのドライブの楽しみのひとつとなっています。

宮古島レンタカー観光・お役立ち情報

TOPへ戻る