>>【沖楽レンタカー】久米島レンタカーの料金

【沖楽レンタカー】久米島レンタカーの料金

沖縄レンタカー沖楽では、これまで那覇空港店や国際通り周辺エリアなど那覇市内エリアなど、本島エリアのレンタカープランが中心となっておりましたが、昨年より石垣島レンタカーや宮古島レンタカーについても、各レンタカー事業者さまよりご評価いただけるようなアクセスが伸びてきております。

特に宮古島ですが、関東エリアの各局プロモーションもあり、宮古島観光の魅力を伝えるテレビ番組も多く、宮古島レンタカーや石垣島レンタカーも堅調にこの夏の人気があったと思われます。

宮古島エリアはじめ石垣島エリアもですが、観光客数の多い沖縄本島とは異なり、人気があるからいいわけではなく実は利用日数の違いや車両管理のコストなど、沖縄本島よりも数や時期が限定される事から管理コストなどが大きくなります。

沖縄本島エリアと違い、整備工場や車内装清掃専門の工場が少なく、その負荷コストがレンタカー事業者にのっかっているのが現状のようです。

さらに、輸送費も含めてガソリン代金も沖縄本島よりも高くなってしまうのは、必然かと思われます。

沖縄本島エリアのように、年中を通して一定の利用客が見込めて稼働率があれば、赤字価格レベルの価格でも台数が多いゆえ、出血サービスのギリギリ価格で耐えて出すことができております。

多分、このビジネスモデルも沖縄レンタカーならでは他府都道府県では、こんな価格では提供できないほど破格値なので、正直この価格でサービスや品質まで追求し続ける沖縄レンタカー事業者さんは、全国一の企業努力のエリアだと思います。

そんな、離島エリアの中でも久米島エリアについては、さらに繁閑差も激しく車両管理の負担なども大きいと思います。

レンタカービジネスは、仕入れ値とリース期間の稼働率と単価利益、車内売却価格時の価格でトータル的に利益がでなければ赤字になってしまいます。

そうなると稼働率の少ないエリアについては、単価を適正価格にしなければ当然ながら事業として成り立ちません。

もちろん、低品質の中古車をオークションや個人売買などで買ってきて格安レンタカー専門店として展開する事業者が提供してする場合、利益が見込めるかもしれませんが、それはお客様への安心感ではなく安価だけで、決して沖縄を楽しむための商品ではありません。

久米島エリアについては観光人気も急増する中、シーズンは限られるうえ市場規模とバランスで考えると、稼働と単価コントロールしないと車両品質の管理が難しいエリアとなっております。

沖楽レンタカー掲載基準では、沖縄本島では〜中古車ベースレンタカー事業者NGや、今後に実施する予定の新車登録から4以内だけのガイドラインなどは、沖楽ユーザーからの意見なのでさいようすることになるかもしれません。

しかし、離島エリアについては年式基準の調整が必要ですし、そもそも久米島レンタカー事業者は少なく、沖楽ではオリックスレンタカー久米島店とマングースレンタカー久米島店だけとなっております。

その両店とも久米島空港からの直接出発や、車両もAUXケーブル付き車などもあり、車両管理の難しい久米島エリアでも品質の強化を行っております。

ただ、両社とも久米島エリアという島のマーケットゆえに、台数は限られており早い段階で予約しなければ売り切れて満車となることが多いです。

久米島レンタカー旅行が決まったなら、久米島でも良質レンタカーを2社以上も掲載している沖楽でご確認ください。

非日常の南国を感じるのは、沖縄の中でも久米島、っというのが密かな
沖縄リピーターのブームのようです。

沖縄の癒し旅で久米島を決めた方は、すぐに売り切れ御免のレンタカー予約を!

TOPへ戻る