>>【沖縄レンタカー口コミ】海外観光客の受付と流れを分けて欲しい

【沖縄レンタカー口コミ】海外観光客の受付と流れを分けて欲しい

沖縄観光関連のニュースで以前より問題視されていたのが、沖縄レンタカー利用において海外観光客の利用者による事故率の高さです。

ジュネーブ条約に加盟している国など国際免許で使える運転免許もありますので、沖縄レンタカーのインバウンドで多い、台湾や香港や韓国はOKですが、中国大陸は原則不可ですが、さまざまなケースがあると各レンタカー事業者さんからは聞いていました。

沖縄観光においてピーク時には、レンタカーの出発までの待ち時間は課題となっており、その中でも伸びているインバウンドのお客様をどのようにスピーディーに対応できるかとなっております。

国内旅行のお客様と違い、インバウンドのお客様の場合は対応できるスタッフも多言語対応のスタッフに限定されますし
、日本のレンタカーシステムや保険補償システムなど説明は、国内のお客様よりも当然時間が必要となります。

さらに、日本国内で利用可能な国際運転免許かどうかの確認はかなり負荷があると思いますし、それが不正かどうかまでは短い時間の中でチェックが可能かどうかはなんとも言えません。

なぜなら、同じタイミングで国内旅行のお客様も同時に待たせて対応しているので、ただでさえピーク時には待ち時間が必然的に長くなってしまう、沖縄レンタカー業界にとって待ち時間の軽減は永遠の課題ですし、インバウンドによる影響だから待ち時間が長くなってよいとは思っていないはずです。

対応時間も長くなり多言語対応のスタッフを常駐させないといけない、事故率も高いなど課題がありますが、かといっても大手レンタカー事業者さんには受けないわけにはいけない必要なマーケットです。

そのため、出来るだけ国内お客様と海外お客様の受付カウンターを分けている事業者様もあれば、海外観光客には万一の事故時にノンオペレーションチャージをカバーするNOC補償料金をコミにしたインバウンド専用プランなど、工夫が増えてきています。

いづれにしても、海外観光客がレンタカー利用が増えている沖縄エリアでも、レンタカー営業所選びが大事だと思います。

レンタカー那覇空港店の受付カンター数の多さや、その営業所受け入れキャパ、国内旅行お客と海外旅行客と受付カウンター一緒か別かなど、比較するポイントはありますが、実際の利用したお客様の声に対してレンタカー事業者さんが対応する体制があるかどうかになるとも思っております。

沖楽では、ユーザービリティにこだわった満足度を追求するサイト(例えば、私個人がレンタカー沖縄で利用する場合や家族や友人がレンタカーを利用する場合にどこのレンタカー事業者さんのどんなプランを紹介するか?)を重要視しております。

沖縄旅行で楽しんでもらうためには
沖縄レンタカー利用で満足してもらうことも必須だと考えております。

沖縄旅行をもっと楽しく!

それではまたアチャー^^

TOPへ戻る