>>沖縄から元レンタカー320台をスリランカへ中古車輸出!

沖縄から元レンタカー320台をスリランカへ中古車輸出!

全国のレンタカー関連の沖縄レンタカーニュースは、日々チェックしておりますが、沖楽掲載店でもある、スカイレンタカーさんの気になるニュースがありました。

沖縄県内で4店舗を展開している、スカイレンタカーさんが、新車登録から3〜4年程度レンタカー登録で利用した後に、スリランカへ中古車輸出!

沖縄レンタカー20社を掲載している沖楽担当者として、沖縄のレンタカー業界全体にもとても気にな取り組みだと思っております。

沖縄レンタカー市場は、一年の中でも1番の繁忙期が夏の7月〜9月です。

そのため、短期配備と呼ばれる3ヶ月だけの期間限定車両など、夏前に大幅に増車して夏後には、また大幅に減車を繰り返すというのが、大手レンタカーでは主流となっております。

また、買換の頻度を徐々に短くなってきており、数年前では、新車登録から4年〜5年ほど使いきってから、中古車市場へ売買されておりました。
過走行の低年式車が多く、中古車販売価値としても、オークション評価や販売価格にも影響があったと思われます。

しかし、近年の沖縄レンタカー大手各社さんは、買換サイクルを短くしており、新車登録2年〜4年程度になってきており、比較的まだ新しめで走行距離や販売価値もよくなってきていると思います。

とはいえ、沖縄県内の中古車業界だけではさばくのは難しいですし、運送費用かけての県外の販売もしっかりとした販売ルートがなければ販売利益が出せないかと思います。

都心部では、若者の車離れやマイカーではなくカーシェアへの流れになど自動車業界の流れも変化しております!

そんな時代だからこそ、国産車を海外への輸出はとても良い展開ですし、各輸出先で発展に貢献できる資源になると思います。

また、何よりもよいとおもうのが、沖縄のレンタカーだということです!

通常な中古車販売輸出と違い、レンタカー会社がワンオーナーとして直販するので、仲介手数料やオークション価格などの流通価格が上乗せになりません。

さらに、レンタカー登録車は一般車よりも車検も定期点検整備も頻度が短く、消耗品などしっかりもメンテナンスされております。

加えて、沖縄のレンタカー市場は夏シーズンに集中しますが、それ以外のシーズンは稼働率も落ち着く上に、増加している沖縄観光リピーターは、この狭い沖縄観光地での走行距離は少なくなってきております。

つまり、車両の程度もよく価格帯リーズナブルな販売ができる、沖縄レンタカー車両が海外への輸出販売に適していると思います!

そんな沖縄レンタカー業界の販路が期待のスカイレンタカーさんは沖楽の中でも、長期で利用すると最安値級にお得なプランもありますし、、、

最短1時間前の予約もOK、の直前予約も長期予約もスカイレンタカー沖縄さん、おすすめの事業者さんです!

それではまたアチャー^ ^

TOPへ戻る