>>【旅楽】沖縄レンタカー沖楽の全国版

【旅楽】沖縄レンタカー沖楽の全国版

2018年4月に全国デビューした沖楽の全国版「旅楽」は、おかげさまで無事に約半年を経過することができました。

那覇空港レンタカーを主体とする、沖縄本島のレンタカー市場や宮古島空港レンタカーや石垣島空港レンタカーなど、わかりやすいレンタカーマーケットでの沖縄レンタカーポータルサイト経験がありました。

ある程度、そのノウハウをいかせば順調に全国展開のスタートがきれるとおもっておりましたが、沖縄市場と全国の各エリア市場は想定外の違いもあり、よい意味でも想像を裏切られる市場や課題を体験することができております。

北海道レンタカー規模や九州レンタカー規模はザックリとですが、想定しておりましたがその他のエリアでは、想定外の市場規模などもあり沖縄エリアとは違うシーズナリティや規模リードタイムなどは、とても初めての経験でとても刺激的です。

そして、改めて懐かしいい感覚になった点があります。

それは、よく北海道レンタカー市場で例えにされる機会があるので
「今の北海道レンタカー市況」は数年前の【沖縄レンタカー市況】のようだ
っという、意見です。

北海道レンタカーは、沖縄レンタカー業界と類似しており、時間制料金ではなく暦日制料金が多く、沖縄レンタカーエリアと同様に格安系と呼ばれる中古車をベースにしたレンタカー事業者さんも増加傾向のようです。

数年前までは、全国系レンタカー事業者さんがレンタカー那覇空港店メインでしたが、近年では中古車をベースとした格安レンタカー事業者さんが急増しており、品質やサービスだけではなく、価格もダンピングして煩雑になっております。

北海道レンタカー市場は沖縄の格安レンタカー規模ほどではないかもしれませんが、数年前の沖縄のように微増傾向かもしれません。

さらに今回、全国展開をさせていただき勉強になったことは、沖縄レンタカー市場しか知らなかった沖楽チームとしては、なぜ沖縄レンタカーはここまで激戦?っとは感じておりましたが、それは単純明快でした。

全国エリアは、カバーエリアが広いため多数の拠点数が必要で大手事業者さん以外は運営が難しいのが現場です。

新千歳空港レンタカー市場や福岡空港レンタカー市場など大きな観光市場が、ターゲット市場になるかもしれませんが、乗り捨てニーズも多く1店舗だけでは売上目標の限度があると思えば、格安レンタカー事業者さんも微妙だと思います。

しかし、観光需要も右肩上がりと目立った報道のある「沖縄観光」に「レンタカー」は那覇空港エリアに1店舗さえ展開すれば、ニッチマーケット含めて獲得できる見込みと判断されているのかもしれませんが多くの中古車ベースの県外資本のレンタカー事業者さんがオープンしております。(特に輸入車専門店さんが目立ちますが)

実態の市場は、かなり違いがありますが多くの企業や沖縄レンタカー事業に展開をされておりますが、僭越ながら私の意見としては3〜5年の中期計画で生き残る戦略がないと非常に厳しいマーケットだと思います。

全国エリアでレンタカーでは、レンタカー新規事業が難しいので
市場エリアが狭い沖縄であれば那覇空港店の1店舗さえ抑えておけば
成功できるのでは?っという意見を新規希望事業者さんからお聞きしますが
【全国一競争が激しい沖縄エリア】での展開は簡単ではなく、
そんな、沖縄エリアから展開した我々「沖楽」の全国版の「旅楽」は
全国一の探しやすさと利用後の満足度を目指していく事が使命だと思っております。

ただ安いだけので品質もサービスもこだわらない安かろう悪かろうや、ポイントやクーポンなどでさらに安いところだけでよいと判断する利用者さんと、失敗をしたくないという利用さんとの満足度違いや各口コミやレンタカー事業者さんからもヒヤリングをしております。

沖楽は、沖縄の旅行をもっと楽しくっというモットーで
沖縄レンタカー業界全体の満足度をあげていくことでもありましたが

旅楽は、国内全体の旅行をもっと楽しくっというモットーでも
全国のレンタカー業界全体の満足度をあげて、快適で楽しいドライブ旅を
全国で多くの旅行お客様に満足してほしいのです。

旅をもっと楽しく旅楽
沖縄をもっと楽しく 沖楽

TOPへ戻る