>>【沖縄レンタカー口コミ】2019年GWの特徴は「待ち時間とスタッフの対応」

【沖縄レンタカー口コミ】2019年GWの特徴は「待ち時間とスタッフの対応」

2018年ゴールデンウィークまでは、那覇空港レンタカー利用後の口コミでは、以下のような口コミが那覇空港店最寄り大型店の特徴的でした。

「待ち時間が長くて、旅程に支障がでてイライラした。」
「送迎バスのりばで1時間立ちっぱなしで待たされ、店舗に到着してからも更に1時間待たされて、出発する頃にはクタクタになってしまった」
「レンタカー送迎バスのりばの場所がわからなくて、どこで待て合わせ場所かがわからなかった」
「スタッフにも余裕がなく、笑顔もなくみんなイライラしていた」」
「返却の際に、ガソリンスタンドを探すのに時間がかかり帰りの便に間に合うか心配だった」

などが特に目立った口コミの内容でした。

2018年のゴールデンウィークまでは、まだ那覇空港レンタカー送迎バスのりばが、従来の非常に狭い状態(マイクロバス約9台分のスペース)に、約15〜20社以上のレンタカー送迎バスが立ち替わり、送迎バス乗り場は持っているお客様と送迎バスの縦列駐車にごった返しの状態でした。

そのため、またゴールデンウィークの様な一極集中型の連休には、大型店でもキャパオーバーの出発件数を対応する必要があり、クルマもヒトも不足していたため、店舗側でさまざまな工夫を凝らしても追いついていない状態でした。

そんな、忙しい店舗で働くスタッフにも余裕がなくなり笑顔での対応どころでは状況だったのかも思います。

しかし、2019年のゴールデンウィーク10連休となり、分散型になった影響もあり前半型と後半型に分散して集中したため、ドピーク時でも以前よりも効率化を図りやすい環境になったと思います。

大型店の店舗拡張や台数の増車、道路の渋滞回避、そして何より一番の変わった点は
【那覇空港レンタカー送迎バスのりばスペースの拡張】
です。

2018年8月に、レンタカー送迎バス乗り場14番
2019年3月に、レンタカー送迎バス乗り場10番
が、新たに追加され拡張されたスペースに保有台数の多い、トラベルレンタカーさんとオリックスレンタカーさんののりばが移動したことです。

従来の狭過ぎたレンタカー送迎バスのりば11番スペースも以前よりも送迎スペースにゆとりができ、乗り場スペース内のヒトの大混雑も緩和され、各事業者さんの目印となる旗も見つけやすくなったと思います。

また、沖楽レンタカー掲載の中でも、送迎バスのりばが提供されていなかった事業者さんにも、沖縄県レンタカー協会への送迎バスのりばスペース利用許可証を申請していただき、全社が那覇空港一階のレンタカー送迎バスのりば各所定の場所で待ち合わせができ、予約したお客様にも、場所の告知が出来るようになったことも、中小要因の一つだと思います。

ジェイネットレンタカー那覇空港店は、昔のマツダレンタカー跡地の場所にあるので、那覇空港からも近く渋滞の少ない立地なので便利な店舗です。

しかし、昨年までは狭過ぎたレンタカー送迎バスのりばで、一番?っと思えるほど苦労していた店舗だったと感じております。

そんな、ジェイネットレンタカーさんに、お客さま満足の声が届いたことも含めて、私達にとっても嬉しい沖楽ユーザーボイスです^ ^

ジェイネットレンタカー独特の特典が、3月から10月末まで期間、無料特典としてビーチグッズ(ビーチパラソル、浮き輪、レジャーシート)もご希望に応じて対応しております。

しかも、那覇空港店だけではなく
石垣島空港レンタカー店、宮古島空港レンタカー店でも、同様の特典サービスを行っております。

また、令和元年のゴールデンウィークの那覇空港レンタカー口コミで変わった点などをバックアップしていきます。

それではまたアチャー^ ^

TOPへ戻る