>>【沖縄レンタカー格安】車両の価格比較の注意点

【沖縄レンタカー格安】車両の価格比較の注意点

沖縄レンタカー最安値や沖縄レンタカー格安で、検索する際注意してほしい点がいくつかあります。

結論からお伝えすると、最安値の基準や定義が一定ではないので、ただ
最安値や格安を保証されても、実際には当然価格にバラツキはありサイトによって
最安値は料金形態が違います。

だからこそ、1番大事なのは利用者にとって必要な【支払い総額】で比較して適した失敗しないレンタカープランを選ぶことです。

同じ最安値でも、免責補償が含まれている免込みでの最安値もあれば、
免責補償が別の、免別の最安値もあります。

ただ、目先の料金だけで安いと誤認を受けて選んでも、結局の合計金額では
他のプランよりも高くなってしまうケースがあります。

沖縄レンタカー予約比較では、暦日制&免責補償込みがスタンダードですが、
全国系レンタカーポータルサイトでは時間制や免責補償別などがメインなので、最安値がダブルスタンダードになるのも当然かもしれません。

しかし、免責補償込みと免責補償別の比較は検索としてわかりやすいとは言えずに、全ての比較とプラン詳細ページまで入って合計金額を確認し、覚えていなければ正確な価格と品質比較ができているとはいえないと思います。

加えて、NOC補償コミの合計金額で比較できるレンタカーポータルサイトはなく、お客様のご利用条件に合わせた支払い合計で検索、比較、予約できるというのが大事なのにも、そのニーズに対応できているウェブサイトはありません。

それは、当レンタカーポータルサイト沖楽も同様の状況です。

しかし、間違いなくこのレンタカーという自動車の比較サイトとして総額で比較できないのは、サービスとしてよくないと思っております。

内容が脱線しますが、私の前職は中古車、新車、パーツ、アフターマーケットなどの総合情報広告で長年務めておりましたが、車両の販売価格について沖縄エリアだけ特殊なスタンダードがありました。

それは、約10数年前ごろに沖縄エリアではスタンダードだったポッキリ価格や乗り出し価格などのさまざまな総称の「支払い総額表示」です。

当時の、自動車公正取引協会でも規約化されていなかった、総額表示をいち早く媒体の定義化して全国一レベルスタートしたのが沖縄県内に特化しているローカル媒体でした。

その後、全国的にも沖縄エリアが先行していた支払い総額表示のスタンダードが、社団法人自動車公正取引協会の規約にも追加され、定義が全国化されるという、沖縄ルールが全国のスタンダードになるという事例のようなことがありました。

さらに当然ながら、中古車のような一物一価のマーケットにおいては、比較対象が一台一台違うため、平均的な正当な比較というよりも「走行距離」や「修復歴」「車検残り」や「保証期間」を含めた価格で比較します。

加えて修復歴有りの場合は、その細かな状態や内訳、過走行車の場合はその状態や消耗品の結果具合など見極めが仮にプロや中古車業界に長くいた広告媒体の担当者であっても非常の難しいのが中古車車両の問題点です。

たとえそれが中古車購入であろうが、中古車ベースのレンタカーであろうがリスクの同じことが言えます。

レンタカーのケースに戻りますが、全国的にみたら
時間制が主流で、免責補償が別料金で、出発日ベースの料金で、レンタカー料金だけで比較し支払い合計では比較できないのが、主流かもしれません。

個人旅行ターゲットをウェブ集客するのであれば、全国的にも沖縄エリアはかなり激戦地区がゆえ先進的なエリアだと思っております。

同様に、類似マーケットとして北海道千歳空港エリアや九州エリアの福岡空港エリアなども沖縄エリアのスタンダードが数年後に当たり前になる日があると思います。

全国の販売エリアや地域性、観光需要と代車需要などのバランスにもよりますが、沖縄のウェブ戦略や対策は徐々にですが全国の観光マーケットの主流になると想像します。

その際に、支払い合計(免責補償コミ)で比較ができない
支払い総額(NOC補償コミ)で比較ができない

加えて、格安レンタカーという中古車ベースで車両状態や品質サービスが一定ベースではない比較は、決して正当な比較にはならないと個人的には感じております。

新車登録ベースであっても状態にはかなりの当たりハズレがあるなかでも中古車ベースのレンタカー事業者さんのかつ免責補償別やNOC補償有無がわからない状態で比較するのは、かなり裏付けのすくない比較だと予想します。

得点類で格安に感じることもありますが、確定の情報が少ない車両状態や品質に指定のない「未指定格安プラン」よりも品質や状態を確定した状態でレンタカー事業者から商品を展開している「品質確約プラン」を選ぶかは、お客様の旅行で必要なレンタカー期待度の大きさ次第なのかもしれません。

TOPへ戻る