中古車ベースの掲載基準不可

沖縄レンタカー予約比較サイトの沖楽では、掲載基準を
沖縄県一厳しいルールで設定?!しております。

新車登録ベースのレンタカー登録が条件としている事業者
一定の保有台数を保持している事業者
沖縄県レンタカー協会加盟またはその他、同等の紹介事業者

ざっくりとですが、これが以前の掲載基準の一部です。

その中で、新車ベースという点では、当時のグレーゾーンもあり定義のない「新古車」扱いをどうするかが課題でした。

新車ではありませんが、新車から1年落ちなどの中古車「新古車」をどう取り扱うかが課題ですが、実質の品質と管理基準をどうするかも課題でした。

前職で私は、自動車業界に長く特に中古車業界をどっぷり経験しているからこそ、レンタカー業界において格安と呼ばれる中古車ベースではなく、全国展開など大手のレンタカーベースを水準化したいと考えております。

一時期は、沖楽でも新車1年落ちなどの「新古車」も掲載基準の緩和条件とするとどうかも検討しましたが、予想通り色々とやはり課題が浮き彫りになったため、事前の想定通りに、新古車も中古車と同様に掲載基準として不可と再設定させていただきました。

全国系大手レンタカー事業者さまは、基本すべて新車登録ベースのレンタカーとなります。

地元の小規模店にて、対象の「新古車ベース」掲載も一時、相談があったためにイレギュラーではありますが、車両状態や品質その他アフターケアなどでは、例外的に新古車をOKとするかどうか、悩んだ時期がありました。

新古車といえど、結局は一度は登録済みの中古車です。

走行距離が少ない、無事故車などの利点はありますが、結局のところは
オートオークションで落札した中古車または、個人売買で購入した中古車です。

その事情もあり、この件は厳選が必要という理由から、レンタカー事業者さんから仕入れした際の中古車オークション評価票も含めて提示いただき、車両状態(修復歴、走行距離、喫煙状況など)を調べた結果、新古車でも掲載ができるかどうかを判断する予定でした。

本当は、前例のない新古車でも掲載ができるような事例を検討しましたが、やはり諸事情もあり、新古車も含めて掲載基準を変えずにやはり、新車ベースのみとしました。

そもそも、レンタカーの登録に対して新車登録ベース、中古車ベースというのは
経営方針の考え方と一致するなどもあり、格安レンタカーとして仕入れコストを下げて運営する事業者様と、新車登録ベースでコストはかかりますが顧客満足度を上げていこうと運営する事業者様か、という点は当サイトが1番の掲載判断にもなります。

ローコストのために、省けるサービスを省いて有償化にするのは、航空券もあります。

レンタカーも同様かもしれませんが、空港会社とレンタカー事業者さんの規模
違いますし、参画基準も違います。

格安で、安心やサービスをないがしろにするのではなく、一定のルール(ポータルサイトの掲載基準)で管理する必要があると思います。

沖縄旅行にとって、飛行機、ホテル、レンタカーは必需項目となっており、
どれも、失敗したくない予約が必要です。

飛行機の航空券は、価格とブランドで細かな失敗はその場次第です。
ホテルは、やはり事前の口コミや比較判断がだいじになると思います。
レンタカーには、やはり口コミや判断もですが、ポータルサイトで生の口コミなどを
確認して比較することが大事になるかもしれません。

中古車ベースのレンタカーで検索したお客様が多数、沖楽を利用して頂いておりますが、品質や安心よりも安さというお客様は、沖楽のサイトでは希望の商品がご提案できないかもしれないので、もし要望のプランがなかった場合は申し訳ありません。

TOPへ戻る